2019-05-10から1日間の記事一覧

ヴァルター・ベンヤミンと映画の神学(8):自然に言語を与える

現代の高度な科学技術を「第二の技術」として社会に内蔵し、自然と人類との調和的な共演を実現すること。これがベンヤミンのいう生産力の自然な利用であり、革命の最終目標とも言うべきものだった。 このように述べるとき、さしあたってベンヤミンの念頭に置…

ヴァルター・ベンヤミンと映画の神学(7):第一の技術と第二の技術

政治の美学化は、戦争において頂点に達する。戦争は生産力の「不自然な」利用であり、これに対してベンヤミンは、生産力の「自然な」利用を目指している。 では、生産力の自然な利用とはどのようなものか。これを理解するうえで重要なのは、ベンヤミンが「複…